好きな読書、映画、仕事でのパソコン、タブレット操作などを日常していると、目が悪くなるのです。

 

元々、小学生の頃から目が悪くてずっとメガネ・コンタクトレンズを利用しています。極力、これ以上、目が悪くならないように、目にいい事を取り入れたりしているのです。

 

目が悪くなったら、まず何をしたらいいのかを見ていこうと思います。

 

目が悪くなる原因がありふれてる?

日常生活の中において、目に負担をかけたり、目に悪影響を与えてしまう要因がたくさんあります。

 

趣味が読書だったり映画鑑賞で、最近だとインターネット配信でパソコンやタブレットで映画をみたりする機会が多いです。

 

ニュースのチェックや話題トピックなどの時事ネタもスマートフォンやタブレットで得る機会が日常生活の一部になってきていています。

 

それ以前は、目の疲れとか目が悪くなるという不安とか悩みはなかったのですが、便利で楽しめる事が増えると、目が悪くなる事が多くなってきました。

 

仕事でも、デスクワークが増えてきていますし、インターネットを使っての事業など展開している方はパソコンと向き合う機会が多いので、視力低下が引き起こされやすい環境にあふれているのです。

 

目が悪くなる原因を見てみる

仕事でも日常生活でも、目を酷使する機会が多いです。周りを見ても、電子機器の使用は以前より増してきていると思います。

 

パソコンで作業したり、タブレットで趣味の映画など鑑賞する際は、少しでも目に負担かけまいと、ブルーライトカットメガネをかけています。

 

ディスプレイから発せられるブルーライトは目の網膜まで到達して、疲れ目を引き起こしたり視力低下を引き起こしたりしています。

 

目が悪くなる原因は、こういう光が原因より、一点を集中的に見続ける事でピント調整機能が上手く働かなくり、結果として視力低下を引き起こしてしまうのです。

 

夢中になって映画をみたり、細かい文字の小説を読んだりしていると、だんだんと目が疲れてきます。

 

ピント調整機能が低下してしまう事で、ピントが合いづらくなり、目がわるくなってしまうのです。

 

目が悪くなったらどうしたらいいのか

小学生時代からメガネ、コンタクトレンズを利用しているのですが、目が悪くなったら、矯正器具を頼れば目が悪くなっても、見えるのです。

 

しかし、メガネなどの度数を上げても、限界もあります。目に悪い、視力低下を引き起こす原因を取り除かなくては解決しないのです。

 

目が悪くなったらどうしたらいいのか。

 

まずは、目が悪くなっている時の生活スタイルを見つめ直しましょう。目が悪くなったな、と感じている時は、パソコンでの作業量が多かったり、過度にディスプレイなど目に負担を掛ける事が多くあったのです。

 

何が原因で、目が悪くなっているのかを、考えて見ていく必要が大切です。

 

目が悪くなったら対策はどうしたらいいのか?

肝心なのは、目が悪くならないうちに対策を打つ事が重要です。小学生時代から目が悪いので、これ以上進行しないようにあれこれ対策を打ったりしています。

 

デスクワーク等でパソコンを利用したりする機会が多いと思いますので、時間を決めて、休憩を挟みながら作業をするようにする事です。

 

子供の頃、両親に姿勢を良くして勉強しなさいと、耳が痛くなるくらい言われていました。当時は、何でって疑問ばかりでしたが、姿勢が悪く猫背になると、目と物の距離が近くなる事で、ピント調整機能が麻痺して目が悪くってしまうのです、

 

目が悪くなったら、目が悪くならない為に姿勢をよくしたりする事も大事です。

 

目の周りの筋肉や、紫外線などの有害物質を排除するために、ブルーベリーなどのアントシアニンを含む食品を摂ると目にいいですよ。

 

目がわるくなって、ブルーベリーのサプリメントを摂ると、目の疲れや、ピント調整も維持出来ていて、助かっています。

 まとめ

 

目が悪くなったら、精神的にも凹んでしまうものです、

 

もともと小学生時代から目が悪くて、ずっとメガネ・コンタクトレンズを利用しているのですが、仕事や日常生活でパソコン、スマホを利用すりと、更に拍車をかけるように目が悪くなったのです。

 

目が悪くなったら、要因を探るべく日常生活を振り返ってみるのも大切です。

 

目が悪くなる要因、原因が生活の中に潜んでいる場合が殆どですので、見直してみるのも大切です。

 

その原因を理解して、対策を打つ事で改善・予防できますよ。