視力矯正のためには、眼鏡とコンタクトレンズを使います。

初めて眼鏡やコンタクトレンズを作るときは、どちらを選んだら良いのか迷いますよね。

眼鏡とコンタクトレンズでは、目への負担も違いますし視力矯正した際に細かく違う点もあるのです。

それぞれどのようなメリットやデメリットがあるのか、選ぶ際のポイントを紹介していきたいと思います。

  

眼鏡とコンタクトレンズはどっちが手軽か

 

 

毎日使うものなので、手軽なものが良いという風に考える方も多いかと思います。

眼鏡とコンタクトレンズでは、どっちの方が手軽に扱えるのでしょうか。

眼鏡とコンタクトレンズでは大きな差として、ケアに掛かる手間が挙げられます。

眼鏡は汚れがついたら眼鏡拭きを使ったり洗浄をしたりします。

コンタクトレンズは1日使い捨てタイプのものもありますが、それ以外は毎日コンタクトレンズの洗浄が必要です。

きちんと洗浄をしないと、目の病気に繋がる可能性が高くなってしまいます。

コンタクトレンズは眼球に直接装用して、視力矯正を行うのでケアは丁寧に行わなければいけません。

こう比べると、眼鏡の方がコンタクトレンズに比べて扱いが手軽という風に思えますね。

実際に私は眼鏡とコンタクトレンズの両方を使っていますが、眼鏡の方は多少雑に扱っても大丈夫なので重宝しています。

コンタクトレンズは、ケアの手間や衛生面が心配で1日使い捨てタイプのものを使うようにしています。

眼鏡とコンタクトレンズどちらを日常生活でメインに使うかを決めて、選ぶようにすると良いでしょう。

 

 

日常生活では眼鏡とコンタクトレンズどっちを使うべきか

 

 

日常生活では、眼鏡とコンタクトレンズどっちを使っていくのが良いのでしょうか。

人それぞれライフスタイルが違うので、それに合わせて選ぶようにしましょう。

例えば、スポーツをするのが好きな人は眼鏡では怪我をしてしまったり、眼鏡が壊れてしまう危険性があります。

スポーツをするときには、コンタクトレンズの方が気が散らずにプレーに集中できます。

バスケットボールやサッカーなど、人と接触することが多いスポーツだと眼鏡では危ないという場面が多々ありました。

そのため、私はスポーツをするときはコンタクトレンズを使うようにしています。

たまにスポーツをするという人は、普段は眼鏡を使ってスポーツをするときはコンタクトレンズを使うといった使い分けをするのもおすすめです。

パソコンで作業をする機会が多い方は、目が乾いてしまうという経験が少なからずあると思います。

何故目が乾いてしまうかというと、集中してものを見ていると瞬きの回数が少なくなってしまうのです。

パソコンで作業をするときは、近くのものを集中して見ている時間が多くなるので瞬きの回数が減ってしまい、目が乾きやすいといった状態になってしまいます。

パソコンのディスプレイからは、ブルーライトが出ているということは聞いたことがあるのではないでしょうか。

現在はブルーライトカットの眼鏡が多く販売されているので、そういった眼鏡を使うことで目の疲れを軽減することができます。

長時間パソコンで作業をすることが多い人は、ブルーライトカットの眼鏡を使うというのも選ぶ際のポイントのひとつになります。

私は1日仕事でパソコンに向かって作業をしているのですが、コンタクトレンズを使っているとどうしても目が乾きやすくて悩んでいました。

そこで、コンタクトレンズから眼鏡に変えて作業をするように変えたところ、目の乾燥が軽減されて目の疲れも軽減することができました。

パソコンで作業をすることが多い人は、パソコンを使うときは眼鏡で作業をすると目の疲れや目の乾きを防げるのでおすすめです。

ライフスタイルを振り返ってみて、どちらを使う場面が多いのかを考えてメインに使うものを決めると良いでしょう。

 

 

 

眼鏡とコンタクトレンズそれぞれにメリットやデメリットがあり、使う人のライフスタイルによってどっちをメインに使うか決めるのが大切です。

毎日コンタクトレンズを使うのであれば、2週間交代の使い捨てタイプを使うようにしたり、たまにしか使わないのであれば1日使い捨てタイプのコンタクトレンズを使うようにしたりと選択が異なってきます。

コンタクトレンズをメインに使う場合でも、眼鏡は必要になるのでどちらも持っておかなくてはいけません。

パソコンを長時間使うときは眼鏡を使ったり、目に負担が少ないように気をつけることで視力低下を防ぐこともできます。

眼鏡とコンタクトレンズどっちでも自分が使いやすいものを選ぶ、というのが1番大切なことです。