会社での人間関係や仕事上でのストレス、寒さ暑さなど環境のストレスなどを受けて身体はストレスが蓄積してきています。

 

ストレスを身体に溜め込むと色々な弊害が出てくる。一番、思い当たるのが「うつ病」だと思います。

 

仕事ではデスクワークが以前より圧倒的に増加してきていて、パソコンなどから発するブルーライトを長時間、目に浴びることで眼精疲労になったりしていたのです。

 

コンタクトレンズの度も合わなくなってきて、長時間パソコン操作をしていた影響で目が悪くなったのかなと考えていたのですが、実はストレスも視力低下に大きく関わっていることを知りました。

 

ストレスと視力低下って関係ないように思えるようですが、実はストレスも多いに関係しているのです。そこで、今回は、ストレスと視力低下について見ていきます。

 

ストレスを身体に受けることで視力低下?

デスクワークでの作業が増加してきて、オフィス内は暖房器具などで乾燥してドライアイ気味で視力が以前に比べて自覚できるくらい視力低下してきました。

 

パソコンを使っている以上、視力低下にも繋がってしまうと思っていましたが、実は、ストレスが視力低下の原因にもなっていたのです。

 

確かに、パソコンを長時間見続けることで視力低下の原因にもなりえます。しかし、それ以上にストレスも影響しているのです。

 

たまに仕事が立て込んでいたり、仕事での会議で嫌な部分があると、いつもはくっきりと資料などが読めているのに、その時だけかめが悪くなったと感じることがあるのですが、皆さんはどうでしょう。

 

この症状が進むと「心因性視力障害」と言いますが、ストレスによる症状です。目は物を識別する器官ですので、ストレスの影響が如実に現れ安くなるのです。

 

「心因性」と言う言葉が使われているように心理的なストレスからくる症状です。身体の防衛反応といっても過言ではありません。

 

視力は目で見ているのでが、物の判断は脳で判断され、物として認識されるので、ストレスを受けて脳で処理ができなかったり、脳内でモザイクにかけられたりしたら見えにくく感じるのです。

 

視力低下もストレスに変わる?

ストレスを受けることで、視力が一時的に低下したと感じる人もいるみたいですが、その反対に視力低下でストレスも感じてしまいます。

 

車を運転するのですが、表札が見えにくいと感じたり、デスクワークでパソコンで調べ物をしたり、表計算ソフトで数字を入力している際に見えにくくイライラしたりすることがあります。

 

視力低下し、度の合わないメガネでの作業でしたので、見えない事でのストレスを感じてしまいました。

 

予防・治すにはどうしたらいいのか?

視力低下にならないためにどうしたらいいのか。もちろん、長時間、細かい画面を見続けることは控え、適度に休憩を挟み目の疲れを取ることです。そして、視力低下を起こさないことが大切です。

 

治し方をまず見ていくと、前者にあげた「心因性視力障害」の場合は、ストレスで脳内での視覚画像が処理されずに起こる症状です。ストレスを緩和させれば症状も治まることが一般的です。

 

ストレスを溜めないことが第一に重要です。ストレスを感じたらなるべく趣味などでストレス発散をする事が大事です。

 

後者の場合は、視力低下そのものでストレスを感じてしまうので、まずは視力低下原因を把握して控えるようにしたりすることが大切です。

 

度の合わらないメガネ・コンタクトレンズを使用している人は正しい度数のものを使用しているのかを定期的にチェックする事で緩和されます。見えない事に対するストレスなので見えるようになればストレスは感じなくなります。

 

予防するにはどうしたらいいのか。まずは、長時間目を酷使した場合は適度に休めるようにしましょう。また目のストレッチなどをして目の緊張をほぐす事が重要です。

 

何より、視力低下の原因を取り除くとともに、ストレスそのものを少なくするようにする事で予防はできますよ。

 

まとめ

 

重要な会議や、仕事に自信がない時、ふと資料を見ると以前より文字が霞んでしまい視力低下になってしまったと感じた事がある人もいます。これは、ストレスによって、目で得た情報を脳内で処理しきれずに見えにくさとして書状が出てしまったのです。

 

この遠因の第一はストレスです。ストレスは体に悪いと言われますが、目という器官は物事を判断する上で重要な役割を担っているのです。よって目に症状として現れるのです。

 

まずは、視力低下の原因をなるべく排除しつつ、ストレスを溜めすぎないようにすることが大切になります。