最近の生活ではテレビ、スマホ、パソコン、ゲームなど、目を酷使する要因があふれていますよね。子供たちでも眼鏡をかけている子がとても多くなっていますし、パソコンに向き合いっぱなしの会社員の方たちは目が常に疲れている状態だと思います。そのため視力回復のための情報もたくさん溢れていますが、いったいどれが本当に効くのか、わからない人も多いと思います。そこで今回は私が効果があると実感した視力回復の目の運動を紹介したいと思います。

 

目の運動で視力が回復するワケ

目の運動をすることによってなぜ視力が回復するかというと、目の周りの血行を良くすることによって筋肉の凝りをほぐすことができるからです。

目は物を見るときに、目の毛様体筋という筋肉が伸びたり縮んだりして水晶体の厚みを変えながらピント調節をしています。しかし、長時間スマホやパソコンを使って近くの物を見続けていると、目は常に緊張した状態となり、筋肉が凝り固まってしまいます。

ここで定期的に目を休ませて凝りをほぐしてあげればよいのですが、そのままでいると、筋肉がその状態から回復できなくなり、後戻りのできない「近視」となってしまいます。

そのため視力を回復するためには、こまめな休息が大切です。できれば一時間に一回、5分程度で良いので、これから紹介する目の運動をして凝りをほぐしてあげると、効果があります。

 

目の運動1:ツボ押しマッサージ

目の周りにはツボが沢山あります。このツボを刺激しながらマッサージを行うと、毛様体筋がほぐされて視力回復に効果があります。

ツボ押しは仕事の合間などにでも簡単にできるので、私もよく行っています。手を温めてから行うと凝りが気持ちよくほぐされてさらに効果的です。

 

視力回復に効果的なツボは以下の8つです。

  • 清明:目頭のやや上
  • 承泣:(しょうきゅう):目の中心の下
  • 瞳子髎(どうしりょう):目頭から約1センチほどのくぼみ
  • 太陽:こめかみ
  • 陽白(ようはく):眉毛の中心から指1本分上
  • 攅竹(さんちく):眉毛の目頭側のはじ
  • 魚腰(ぎょよう):眉毛の中心
  • 糸竹空(しちくくう):眉毛のこめかみ側のはじ

この動画でもツボ押しをしながらのマッサージを紹介しています。

 

目の運動2:ストレッチ

次に効果的なのが、目のストレッチです。私はこのストレッチを行うと、目が凝っているかどうかが分かるので、疲れの度合いを測るバロメーターとして行っています。目が凝っている時は少しいた気持ちいような感じで、目が少し動かしにくい感じがします。このストレッチを行っているうちに凝りがだんだんとほぐれてきて、目が動かしやすくなるのが分かります。やり方は簡単です。

  1. 目をぎゅっと閉じる
  2. 目を大きく開いて上を見る
  3. 目をぎゅっと閉じる
  4. 大きく開いて下を見る
  5. 目を閉じる
  6. 大きく開いて右を見る
  7. 目を閉じる
  8. 大きく開いて左を見る
  9. これを2~3回繰り返す

 

目の運動3:アプリを使う

最近では視力回復のアプリなども多く出ています。ゲーム感覚で毛様体筋をほぐせるのでお勧めです。

ゲームの種類は色々なものがありますが、私はよく、このようにただボールを目で追うものをやっています。目をいろんな方向に動かすので、凝りがほぐれるのか、終わった後は目がスッキリします。

https://youtu.be/G7eJRDZNtw0

このほかにもマジカルアイのように、絵が浮かび上がって見えるものも、視力回復に役立つそうです。残念ながら私はどうしても見えないのですが(泣)

私は移動時間など、以前はなんとなく携帯をいじってしまうという時間にこのような視力回復のゲームをやるようになりました。毎日継続してやることで効果が出てきますよ。

その他にできる視力回復の方法

以上が私が実践して効果があると思った目の運動でしたが、その他にも簡単にできる簡単な視力回復の方法はあります。

 ホットタオル

お風呂に入る時や寝る前など、ホットタオルで目を温めてあげると凝りがじんわりと癒されて目がスッキリします。

お風呂に入っている時ならばタオルをお風呂のお湯で濡らして、そのまま目の上に置いて5分以上リラックスしていればOK。全身がリラックスできて効果大です。

寝る前などに行うならば、タオルを濡らしてレンジで1分程度チンすれば準備OK。好みのアロマオイルを数的垂らすとリラックス効果アップです。

私はこのホットタオルを習慣化しはじめてから、目の疲れ方が全く変わりました。しょぼしょぼする感じもずいぶんと減ったし、寝る前に行えば寝つきも良くなるのでお勧めです。

 

寝る前のスマホをやめる

酷使した目を回復させるには、しっかりと休息をとることが大切です。寝る前にメールをしたりゲームをしてしまったりと、ついついスマホを使いたくなるかもしれません。しかし、パソコンやスマホから出ているブルーライトは睡眠を誘導させるメラトニンの分泌を妨げてしまいます。寝る前は視力回復の運動にあてるなどしてリラックスしてからたっぷりと質の良い睡眠をとると、視力回復にも効果的です。

 

まとめ

以上が私が実践して効果があると思った視力回復方法でした。視力回復をするには、目を酷使しすぎないことが一番です。目を酷使したあとはマッサージで凝りをほぐしたり、できるだけ質の良い睡眠をとって目をしっかり休ませてあることが大切です。自分の生活習慣にうまく取り入れて、毎日継続して行うことで効果が見えてきます。