最近では視力が悪い人が増えていますよね。なんでも最近の日本では2人に1人が近視だそうです。眼精疲労に利く目薬やサプリなど、薬局に行くと色々と見かけられるようになりましたが、視力を回復させるには生活習慣の見直しが大切です。ここでは大人の近視のためのい視力回復方法を少し紹介したいと思います。

そもそも近視とは?

近視とは遠くのものがよく見えない状態のことを言いますが、これは目がピント調整をうまく行えなくなってしまうことによって起こります。

目はカメラと同じような仕組みで働いています。何かを見るとき、目の水晶体が厚みを変えながらピント調節をします。この時、瞳孔が大きさを変えながら光の入り具合を調節して、適切な明るさにします。光は瞳孔と水晶体を通り、屈折しながら網膜で焦点が結ばれて初めて、物がハッキリと見えます。

近視の目では、目の水晶体の厚みを変える毛様体筋という筋肉が疲労することによって、焦点が網膜よりも前で結ばれてしまうことによって遠くがぼやけてしまいます。

 

近視の原因

近視の原因として最初に思い浮かぶのがスマホやパソコンの使いすぎだと思います。これはどちらも『目を酷使』している状態ですよね。スマホやパソコンを長時間使うと、近くを長時間見ているため、毛様体筋が疲労してしまいます。この疲れを取らないままでいると、その状態で凝り固まってしまい、『近視』となってしまいます。

私も携帯を持ち始めた直後に近視になりました。それまではずっと目が良くて自分が眼鏡をかけることになるなんて思いもよらなかったのに、授業で黒板の字がどんどん見えづらくなっていって、すぐに眼鏡が必要なほどになってしまいました。

このように、近視の原因には環境的要因が多いですが、このほかにも遺伝的要因で近視になってしまケースがあります。これは割合で言うとそんなに多くはありませんが、特に目に悪い生活をしていなくても、12歳までに発症して近視になる場合が多いそうです。

 

視力回復法

視力回復で大切なことは『目を定期的に休ませる』事です。

仕事でパソコンを使う人はどうしても目を酷使しがちです。目を休ませるためにこまめに休憩を取るわけにもいかないとは思いますが、1時間に1回は少しの間遠くを見るなどするだけでも違います。

 

蒸しタオル

目の疲れを取るには、目の周りの血行を良くすることが効果的です。蒸しタオルは手軽にできてリラックス効果も高い方法です。やり方はとても簡単で、濡らしたタオルをレンジで1分ほど温めて目にのせるだけです。

タオルにお好みでアロマオイルを数的垂らすとさらにリラックス効果がアップするのでおススメです。

ただし、目が充血している時は、温めるのは避けましょう。反対に冷たいタオルをのせると目の充血もスッキリします。

この蒸しタオルは本当に手軽にできるし、とても気持ちが良くて癒されるので私もよく寝る前にやっています。目の疲れがじわ~っと癒されていくのがよく分かりますよ。

目のマッサージ

目の周りのマッサージをするのも目の凝りをほぐすのに効果的です。人差し指と中指で目の周りの骨の上を優しくなでるようにマッサージすると血行が促進し、凝りがほぐれます。

目の疲れは肩コリや首の疲れの原因にもなるので、ここで一緒にほぐしてあげるとさらに効果がアップします。

 

  1. 目のストレッチ

目のストレッチをしっかりと行うと、凝りがほぐれてそれだけでも視力がアップします。

やり方は簡単は以下のようになります。

1、目をぎゅっと閉じる

2、目を大きく開いて上を見る

3、目をぎゅっと閉じる

4、大きく開いて下を見る

5、目を閉じる

6、大きく開いて右を見る

7、目を閉じる

8、大きく開いて左を見る

9、1から8を2~3回繰り返す

目の前で指で8の字を書き、それを1分程度目で追う

人差し指を近くに遠くにと動かし、それを1分程目で追う

目が疲れてしょぼしょぼし始めた時は、私もよくこのストレッチをやります。初めて遣ったときはよっぽど凝っていたのか、目が動かしづらくて、少し痛いくらいでした。

今でも凝り具合によって目が動かしづらいなど違うので、今日はいつにも増して目がすごく疲れているな~なんて時にはストレッチの後にじっくりと蒸しタオルを乗せたりして、目をいたわるようにしています。

そのほかにもこの動画のように、動いているボールを目で追うエクササイズなどもあります。

https://youtu.be/G7eJRDZNtw0

 

  1. 目薬

仕事の間にまめに休憩が取れないという人は、目薬をさすだけでも、一時的ではありますが疲れが癒されます。色々なタイプの目薬が出ていますが、疲れ目を癒すには、できるだけ刺激が少ないものを選ぶことが大切です。

仕事で眠気が襲ってきたときにメンソールの目薬を使うと、眠気も疲れも癒されてスッキリするので好んで選ぶ人も多いと思いますが、メンソールやネオスチグミンメチル硫酸塩などが含まれているものだと、遠くのものは確かに見えやすくなりますが、近くのものはみえづらくなり、暗闇での視野も悪くなってしまいます。

そのため、目薬は視力回復に効果があるビタミンB1、B2、ビタミンEを含んで、できるだけ刺激が少ないものを選ぶことが大切です。

 

  1. レーシック

お金はかかりますが、ほぼ確実に視力回復が可能なのがレーシックです。実は私もレーシックで視力回復をしました。

レーシックは角膜を削り、角膜のカーブを変えることによって屈折率を変えることによって、焦点を適切な位置に戻します。手術自体はほんの10分程度で終わってしまう、日帰り手術です。

レーシックで視力回復をした後も、同じ生活習慣を続けていれば再び視力が悪くなってしまうので、生活習慣の見直しが必要です。

私もレーシックをしてからは、再び目が悪くならないように蒸しタオルやストレッチなどでなるべく目の疲れをとるようにしています。

まとめ

以上が大人の目に利く、視力回復の方法でした。視力回復には目の凝りをしっかりとほぐし、疲れをためない生活習慣に変えることが大切です。レーシックでの視力回復も可能ですが、生活習慣を見直さなければ再び視力が落ちてしまう可能性もあるので、目の疲れをためない生活に変えることが大切です。