どうもこんにちは、アイです。

視力が悪いと絶対誰かに言われるんじゃないですかんね。

まぁ、多少悪いくらいなら別にいいと思うんですよ、0.6とか0.5とかなら

「あぁ、そのくらいね」で話が終わるのですが。

 

0.2とか0.1とかいうと、「えっ⁉そんなに悪いの⁉」とまるで重い病気のかかった人を見るような目で問いかけてくるんですよね。

 

ボクはあれが嫌で嫌で仕方がなかったです。

 

それ以外にも「目が悪いのってどんな感じ?」ろ聞かれるのもいやでした。

どんな感じと言われましても….

 

ぼやける感じ?全体的に色が薄くなる感じ?

と言っても理解してくれないんですよね。

 

それに、ボク自身、こういった自分の欠点というものをあまり話したくない人間なんですよ。

 

自分が惨めに思えてきてしまうんですよね。

 

ボクはあの人よりも劣っている。

 

そういう風に思っちゃうんですね。

 

僕には普通の人には見えるけどボクには見えない・・・・

 

ボクがおかしいだけなんだ。という孤独感にさいなまれるんですよ。

 

 

それに、視力をいうとなんかバカにされることが多いんですよね。

「へんな生活送っとるもんで」とか「スマホやゲームばっかりやっとったんやろ」

とか決めつけてくる人もいました。

 

ムカつきますよね。

お前はボクの何を知ってるんだ。

 

ぶん殴ってやりたくなります。

ボクは、妙に視力にコンプレックスを抱えているみたいで視力にすごく敏感に反応してしまうんですよね。

 

だから、視力検査があると聞いたら、

少しでも0.1でも良く見えるように手を尽くすということを良くしました。

毎日1時間欠かさず星を見るとか。視力回復の教材をやるとか。

 

他の人に比べて心構えが違いいましたからね。

 

戦争ですよ。僕にとっては視力検査は。

それだけボクは視力に命を懸けていたんですよ。

 

ですから、ボクにとって視力が悪いというのは許せなかったんですね。

自分が許せない。自分の目が許せない。

 

だから、自分の欠点。コンプレックスである視力のことを言うのは嫌だったんですよ。

 

自分で自分の悪いところ嫌な所をいうのは何とも心苦しいんですよね。

 

自分の気にしていることを自分の口から言うのはつらいんですよ。

 

泣きたくなります。

 

 

メガネをかけているとほぼ毎回初対面の人に言われるんですよね。

視力いくつ?眼鏡の度数いくつ?。

と。

 

心の中、超ブルーですよ。

 

またかよ・・

 

うるせーよ。そんなこと聞くんじゃねーよ。

コミュ章かよ。

 

とかそんなふうにいつも心の中で愚痴ってました。(笑)

 

ただただ、その日のことを忘れようと、

家に帰って布団に丸まって寝ることしかできませんでした。

 

 

ひどい時なんか3日とか引きこまってましたからね。

 

視力いくつ?と言われると自分と向き合わされる気がして嫌なんですよね。

自分の問題と無理矢理向き合わされた気がしてつらいんですよね。

 

 

嫌なことからは逃げたいじゃないですか。

ですけど、ボクの場合は無理矢理回るが向き合わせてくるんですよ。

 

嫌で嫌で仕方がなかったですよ。

自分の劣等感と向き合わされるこのなんともいえない気持ち。

すぐに解決できることなら寄ったのですがボクの場合は視力でしたからね。

 

解決するのにかなりの時間がかかりました。

 

何度も視力いくつ?素数いくつ?

と言われ続けました。

 

そのたびに落ち込んで寝込んだり引きこもったりしてきましたが、

 

その自分の悩みと向き合ったことでなんとか解決することができたんですね。

 

 

超、つらかったです。

 

1時期、人に会うのが嫌になりましたからね。

こんなつらい思いするならもう人に会いたくない。

外に出たくない。

 

ということもありました。

 

そういったつらいことを乗り越えたことで今めっちゃ楽しいですよ。

 

めっちゃはっきりモノが見えるとそれだけで毎日が楽しいです。

 

「世界ってこんなにキレイだったんだ。」ってなりますよ。

 

何気ない日常に感動しますよ。

 

前なんて、普通の葉っぱに感動しましたからね。

 

目が悪い時に見る木と視力が良くなった時に見える気の違いにマジでビビりますよ。

 

キレイ・・・

なんてレベルじゃないですよ。

まじで神々しいですからね。

 

視力が良くなるだけで見る世界ががらりと変わって超楽しいですよ。