こんにちは、アイです。

日本の眼科っておかしいと思いませんか。

 

視力がおちて眼科に行くと視力は測って終わり。

 

それだけでお金がもらえるのです。

 

儲かる市場ですよね。

 

日本の眼科は世界に比べてかなり低いです。

世界から20年遅れているとさえ言われています。

 

それもこれも利益ばかり追い求めるあまりまったく進歩してこなかったのが何よりの原因だと思ったるんですよねー。

そんなお金のことしか頭にない人たちが幹部としているせいで今も世界から遅れをとっている。

ほんと、眼科専門医って腐りきってると思うよ。

学会の幹部がどうしようもない人間だから、 まともな眼科医が育たないんだと思う。
あえて育たないようにしているかもしれないが・・・

 

人をおもちゃのような扱いをしたりするやつもいますからね。

人を利用するような腐った根性をたたき込まれてる感じがします。


利己主義で、文句を言えない下っ端を利用して、
上の方でコネでつながっていて、

自分の身を守ることだけはぬかりがない。

技術がないくせに
都合の悪いことはずるがしこく誤魔化す術にだけはたけている。

そんな学会幹部の腐った根性が、 レーシック医にも反映されている感じがします。

 

日食調査、ブルーライトの調査など、
世間の目を考えて、ぬかりなくやってるようだけど、

本当に眼科の発展につながるようなことは、
何一つやってないんじゃないか? と思ってしまいます。

 

世界的レベルから相当の遅れをとってることが分からないのか?

 

自分の名誉を守るための研究?
人を蹴落としてきた人生?
そんなのがのさばってる集団に未来があるんですかね?

人を蹴落として成り上がった奴は、本当に優秀?
それこそ、洗濯が必要ってか、
腐りきった幹部のリセットが絶対に必要だと思う。

いっそのこと、
現状の組織を全て潰して、新たに他科のメンバーが集まってイチから立て直した方がいいんじゃないですかね。

 

こうしたクズが牛耳っているからか。

学会の学術レベルが他科に比べて極端に劣っているみたいですし、

眼科に関しては専門医制度も、医療を腐らせる一要因にしかなっていないように思えます。

目という単独の孤立した組織は、その性質上、間違った診療をおこなっても、外からばれにくい。
その目に携わる眼科の幹部が腐りきっているのだから目も当てられませんね。

 

良く今までこの人たちの言うことを聞いていたなと思いますね。

 

業者とつるんでは、講習会を開いては会員から金をふんだくって、
わずか数時間の講習で受講証など出して、

さぞ手術のうまい医者の証明みたいな感じでホームページで宣伝しているのも眼科の特徴。
とても医療とは言えないだろう

この腐りきった現状の日本の眼科組織では、
眼科を途中でやめていった者の方がまともと言えるんじゃないでしょうか。

まずは、教育という名目で金をふんだくる眼科の学会や講習会、専門医制度などは直ちに廃止して、
幹部の眼科医は全て辞めさせて総解散し、他科の医者によってイチから立て直したほうが日本の為じゃないんでしょうか。

 

何より、こういった人たちが平気で視力は回復できないとか言っていることにムカつきます。

 

自分利益しか考えていないクソ野郎の良いようにされて黙っているしかない。

ふざけんじゃね。

 

お前らの言葉でいったい何人の人が視力回復を諦めたと思っている。

傷ついたと思っている。

 

この人でなしどもが。

 

今もなおこの眼科医たちに騙されている人が思うとイライラしてしまいます。

 

こんな時代遅れのクソ野郎の言うことなんて聞かなくていいんですよ。

 

中にはいい先生もいるよ。

 

と思うかもしれません。

 

ですけど、それはごく1部です。

 

それにそういった人たちは上に淘汰されていきます。

上からしたら邪魔ですからね。

 

だから日本の眼科はダメになってしまいました。

実際に優秀のはずの眼科医が潰されていく。

 

そりゃあ、世界から遅れていきますよ。

 

世界では、視力回復を専門とした眼科医がいます。

そういった職業があります。

 

ですけど、日本にはないですよね。

 

これが世界と日本の差です。

 

世界は視力回復できる言っています。

ですけど日本はできないと言っている、

 

どちらを信じるかは自分次第ですが僕は世界を信じますよ。そりゃあ。

 

だって無能の言うことなんて聞く必要ありませんし。

現にボクも視力あ回復できると思っている人間ですから意見が合う方に行くのは自然な流れです。

無能の日本の眼科医なんて無視しましょう。

 

そこから、視力回復という明るい未来があなたを待っていますよ。

 

それでは。