こんにちは、アイです。

今回は、タイトルにもあるように失ってからようやくわかる大切なモノの話をしていこうと思います。

 

ボクは中学の特に視力が落ちて今まで見えるのが当たり前だった日常から、
見えないのがあたり目の日常に変化しました。

 

その時になって、初めて見えるってことがどれだけすばらしいことかを実感したんですね。

視力だけではありません。

部活で足を怪我をしたとき、指を骨折したとき。

めちゃくちゃ、生活が不便になったんですね。

 

足の場合は、歩くたびにキーンとした痛みがは走ってフラッフラとしか歩けなくなるんですよ。

っして何より悔しいのが、それが我慢できる痛みというのがまたいやらしいんですよね。

 

我慢できるんだけど、痛い。

そんなことが1か月も続くとイライラしてくるんですよね。

 

「もうこの足切り落とした方が良くね?」

とも思うこともしばしば。

 

普通に歩けている人たちが羨ましかったです。

この時にも、当たり前に歩けている日常っていうのがどれだけ幸せだったかを実感しましたね。

 

足だけではありません。

ボクは左手の小指と薬指を骨折したことがあるんですね。

骨折したときは、

まぁ、右利きだし、左の小指とか薬指とか普段使わないからなんとかなるかー。

とか悠長に考えていたんですね。

ですけど、全然違いました。

案外左手をめっちゃ使っていたんですね。

お金を払うときもあれって片手だとなかなかできないんですね。

それで、もたもたして、後ろに並んでいる人に迷惑かけてるんじゃいかとか余計に考えてしまって焦り、余計お金を出すのに戸惑ってしまうといったハプニングもあったりと、

失ってからようやくわかる日常の大切さというものをいろいろ経験してきました。

ですけど、失うまでは、中々気が付かないんですよね。

 

ボク自身、視力が悪くなってに泣きましたからね。

あまりのショックに。

このときになってようやく、

見えるということがどれだけ幸せだったのか。ということを実感したんですね。

 

失う前から大切なモノに気が付いている人というのは限りなく0に近いです。

例えば、ガンとかの病気になった人が最初に思うことが、「自分が⁉」

だと思うんですね。

誰も、自分がガンになる。

病気になるということを思っていないんですね。

 

そして、後悔するんですね。

あぁ、もっとバランスのいい食事を取っていたら、

ビールを控えていたら。

煙草をやめていたら。と。

 

だれも、自分が病気になる。

命の危機に瀕するなんてことを考えていないんです。

 

失ってからようやく、

失ったものの大切さというものを実感するんですね。

 

ボクの場合は、特に視力というものを失ってかなり後悔したんですね。

こんなにも見えないというのが不便なのかと初めて実感しましたから。

 

視力が悪くなってから、自分の部屋に引きこもりがちになりましたし、

大好きだったスポーツも見えないという理由で一時嫌いになりかけました。

そしてなにより、誰よりもミスをするようになったんですね。

人間は視覚で情報の9割を処理していると言われています。

ですから、視力が悪いというだけで、情報というものがうまく読み取れず、
やり方が分からなくなるからミスをしてしまうんですね。

簡単い言ってしまえば、

問題の問題文が読めないのと一緒です。

問題が分からないんじゃ、回答のしようがありませんからね。

 

 

このことから分かるように、

視力というのは深く日常に関わってきています。

 

ちなみにこの考えに至ったのは、
視力が悪くなってから1年し中学2年生の時でした。

 

失ってから分かる大切なモノ。

失う前に何とかできないんと思うかもしれません。

ですけど、失うことを想定して生きている人なんて誰もいません。

 

大半の人が失わないと思っていますから。

そして、いざ失ってから改めて実感するんです。

あたり前の日常がいかに幸せだったかを。

 

ですので予防ができないんですね。

ですけど、失った後どうするかで未来が変わってきます。

失ったものを取り戻すために立ち上がるか。

自分にはとりもどせないと諦めるかのどちらかです。

 

ボクは、立ち向かいました。

どうにかして、視力回復してやろうと。

確かに始めは、落ち込んで視力回復を諦めていました。

 

ですけど、諦めきれなかったんですね。

 

もう一度、自分の目であの綺麗だった景色を見てみたい。

と心から強く願ったんですね。

泣くほど、ショックだったんだ。

なら、それだけ、ボクにとってかけがえのないものだったんだと、自分を奮い立たせて、

失ったものを取り戻すための走りだしたんですね。

 

ちなみに、このブログも、その一環です。

 

まだ、完璧に取り戻したと派言えませんが、

確実に良くはなってきています。

 

失って、大切なモノがなくなってその後、どうするかが人生の分かれ道だと思っています。

諦めるのも道ではありますが、

あの時、やっぱりやっていたらなんてことで後悔したくないんですね。

 

失ったものを取り返した後はもう失わないので安心しますよ。

もう二度と離してたまるか!!

となりますから。

それだけ意識していれば早々に失うことなんてありません。

失っても取り返せばノープログレムです。