軸性近視と診断されて、視力回復を諦めてはいませんか?

自分が屈折性近視なのか、軸性近視なのか知っていますか?

多くの視力回復トレーニングでは、軸性近視への効果が薄いともいわれています。

そのため軸性近視の場合は、視力を眼鏡やコンタクトレンズで矯正することが多いです。

しかし、軸性近視に効果がある視力回復トレーニングもあります。

軸性近視の視力回復について、まとめていきます。

 

 

軸性近視とは

眼球は正常な状態だと、球体になっています。

軸性近視は、眼球がラグビーのような形に変形してしまっている状態です。

そのため、眼球の奥側に網膜が引っ張られて、網膜上に焦点を合わせられなくなっています。

眼球自体が変形して網膜が眼球の奥側に引っ張られているため、網膜剥離などを起こす可能性があります。

私は、眼球が変形するということを知らなかったので、軸性近視の症状を聞いて驚きました。

網膜剥離などが起こると聞いて、やはり眼科できちんと検査を受けるのが大切だなと感じました。

 

 

軸性近視の原因

軸性近視になる原因として、遺伝が挙げられます。

生まれた時点で、軸性近視となっていることもあります。

身体が成長していくにつれて、眼球自体の大きさも大きくなっていきます。

それにつれて、眼球は奥に伸びるように楕円形に変形していきます。

そのため、成長していくにつれて近視が進行してしまいます。

私は、小学生の頃に近視と診断されて、中学生の頃には眼鏡やコンタクトレンズが手放せなくなっていました。

成長する毎に近視が進んでいくので、とても怖く感じました。

 

 

軸性近視の視力回復

軸性近視は、これまで視力回復の治療をしていくのが難しいとされていました。

しかし、近年では軸性近視の視力回復トレーニングというものも出てきています。

なので、軸性近視と診断されたからといって、落ち込まずに視力回復トレーニングをしていきましょう。

私も軸性近視の視力回復は難しいと、眼科医から聞いていたので、有効な視力回復トレーニングがあると知り試してみようという気持ちになりました。

軸性近視は視力回復しにくい近視だと言われていますが、諦めないで視力回復トレーニングをすることが大切です。

 

 

軸性近視の視力回復トレーニング

ここでは、軸性近視の視力回復トレーニング方法についてまとめていきます。

軸性近視の方は、是非参考にしてみて下さい。

『ベンツ理論』というものがあり、これは眼球を動かす外眼筋(がいがんきん)も視力調整に関係している理論になります。

このベンツ理論では、近視の原因は眼球に直接繋がれている外眼筋(がいがんきん)のバランスが悪くなり変形してしまうという風にいわれています。

外眼筋(がいがんきん)を鍛えることによって、視力回復の可能性があります。

 

1.上下左右を目を大きく開いて見る

2.上下左右に円を描くように眼球を回す

3.2番とは逆向きに円を描くように眼球を回す

4.右上左下左上右下と斜めに眼球を回す

 

軸性近視の視力回復は、なかなか難しいと言われています。

しかし、このトレーニングをし外眼筋(がいがんきん)を鍛えることによって、視力回復の可能性が高まります。

すぐに効果が現れるものではないので、長期的に視力回復トレーニングを行っていく必要があります。

実際にこの視力回復トレーニングをしてみると、目の疲れが取れて目がスッキリとしました。

目の疲れが気になる方も、是非この視力回復トレーニングを試してみて下さい。

 

 

軸性近視の回復方法について

軸性近視と視力の回復方法について、最後に重要なポイントをまとめておきます。

 

・違和感を覚えたら眼科に行くこと

・軸性近視は眼球が変形し、網膜上に像を結べなくなっている

・軸性近視は遺伝でなることがあり、成長に伴って悪化する

・根気よく視力回復トレーニングを続ける

 

軸性近視か屈折性近視かは、眼科で診察を受けなければどちらなのか判断が出来ません。

軸性近視は、視力回復がほとんど望めないものだと従来まではいわれていました。

しかし現在では、軸性近視の方で視力回復をした方もいます。

なかなか治りにくい近視の種類なので、視力回復トレーニングは長期に渡って行うことが重要です。

効果がないからと、すぐに辞めてしまっては勿体無いので、根気よく続けていきましょう。

視力は一度落ちると治すのが難しくなってしまいます。

悪化しないように注意しながら、日々視力回復トレーニングをしていきましょう。