近視にも種類があるということを、知っていましたか?

近視の種類によって、
視力回復が出来る難易度が変わってきます。

 

自分がどちらの近視なのか、
私は分からなかったので眼科へ行って診察をして貰いました。

 

近視の種類というものは、
眼科で検査を受けないと分かりません。

 

 

屈折性近視と軸性近視の違いについて、
参考にして頂ければと思います。

 

 

屈折性近視とは?

屈折性近視は、
網膜上に像を結べない状態となっています。

 

目の近くにピントを合わせることで、
水晶体が厚くなっています。

 

このピントを合わせる毛様体筋(もうようたいきん)が緊張状態となっています。

 

また、
屈折性近視の場合は視力回復がしやすいといわれています。

 

屈折性近視を眼科で早く見つけることが大切です。

 

私は、
眼科で屈折性近視と診断されたことがあります。

 

自分では、なかなか視力が落ちていることには気が付くことが難しいですね。

 

 

屈折性近視は軽度の場合は、
点眼治療や視力回復トレーニングで視力回復できます。

 

 

後天的に近視になった人のほとんどは、
この屈折性近視になります。

 

 

軸性近視とは?

軸性近視は、
眼球が楕円形に変形して網膜上に像を結べない状態となっています。

 

眼球の形が楕円形に変形してしまっているので、
屈折性近視で行うような視力回復トレーニングは効果が得られません。

 

 

強度の近視の場合は、
軸性近視になっている場合が多いです。

 

また、遺伝的に近視になっている人は軸性近視が多いと言われています。

 

私は眼鏡やコンタクトレンズで視力矯正をしなければ、
手元のパソコンの文字さえ読めない強度の近視です。

 

 

眼鏡やコンタクトレンズで視力矯正をしていると、
やはり目が疲れると感じます。

 

特にコンタクトは長時間付けているとかなり目が疲れてしまいます。

ですので、短時間のみ使用することが多いですね。

スポーツするときとか。

 

 

軸性近視は、近視の1番最後の状態となります。

 

 

それぞれの違いについて

屈折性近視と軸性近視の違いについて、まとめておきましょう。

 

屈折性近視

・後天的に近視になった人のほとんどが、屈折性近視になっている

・軽度の場合は、視力回復が見込める

・目の近くにピントを合わせ過ぎているために、水晶体が分厚い状態となっている

 

軸性近視

・遺伝的に近視になった人のほとんどが、軸性近視になっている

・眼球が楕円形に変形しているため、視力回復が難しい

・強度の近視の人は、軸性近視になっていることが多い

 

屈折性近視と軸性近視については、
このような違いがあります。

 

 

近視の状態と眼球自体の形、
遺伝的になるかどうかなどの違いがあります。

 

 

私は近視に種類があるということを知りませんでした。

 

眼科に行ったときに説明を受けて、
初めてこういった種類や違いがあると知りました。

 

 

どちらの近視でも、早目に眼科を受診することが大切です。

 

 

視力回復は出来る?

軽度の近視である、
屈折性近視は視力回復できる可能性が高いです。

 

点眼治療や視力回復トレーニングを眼科医と相談して、
行なっていきましょう。

 

 

水晶体の厚さを調節する毛様体筋(もうようたいきん)の緊張状態をとることで、
視力回復ができます。

 

 

治療や視力回復トレーニングは、3ヶ月を目安としています。

その間に視力回復を実感する人もいれば、
実感がなかなか現れない人もいます。

 

 

しかし、
焦らずに点眼治療や視力回復トレーニングをすることで、
視力回復ができます。

 

あくまで目安です。

3か月たって視力が回復すないからといって落ち込まないでくださいね。

ボク自身、マジカルアイという本に2週間で視力1.2という本を買ったことがありますが、
2週間たっても一向に視力が回復せずやめたことがあるのですが、

途中でやめてしまうと今までのトレーニングが水の泡になってしまいます。

実は気が付かないだけで視力が回復しているということもありますからね。

眼が悪くなったことに気が付かないんです。

一気に視力が良くならない限り目が良くなっていたとしても気が付かないと思います。

 

 

 

重度の近視である、
軸性近視は根本的な視力回復をするのは難しいです。

 

 

眼球自体が変形してしまっているために、
毛様体筋(もうようたいきん)の緊張状態をとっても視力回復の効果はほとんどありません。

 

 

軸性近視の場合は、
視力回復よりも視力矯正を行うことがほとんどです。

 

 

眼鏡やコンタクトレンズで視力を矯正することで、
日常生活を送るのに支障がないくらいに視力を矯正します。

 

実は、軸性でも視力を回復できる方法があります。

それがこれです。

子供の視力回復ならこちら

 

 

大人の視力回復はこちら

 

私は重度の近視のため、
眼鏡やコンタクトレンズで視力矯正をしています。

 

コンタクトレンズはケアに手間が掛かるので、
不便だなと感じることが多いです。

 

 

まとめ

これまで書いてきた、
屈折性近視と軸性近視についてまとめてみましょう。

 

 

・屈折性近視は軽度の場合は視力回復ができる

・軸性近視は重度の近視であり視力回復が難しい

・大きな違いは、眼球自体が変形しているかどうか

 

屈折性近視と軸性近視は、
眼科で診察を受けないとどちらの近視なのか分かりません。

 

 

そのため、遠くが見えにくいと感じたら早めに眼科へ行くようにしましょう。

 

 

自分がどの近視で、
今後どんな処置が必要になるのか知るのが大切です。

視力回復の第一歩は、まずは、自分の目と向き合うことです。

僕自身、かなり、向き合うのを拒んでいました。

その結果、どんどん、視力が落ちていきました。

病気と一緒ですね。

怖い病気だと怖いから病院に行かないのと、

そして、どんどん悪くなっていく。

 

目は取り替えが出来ない大切なものなので、
是非眼科へ行ってみて下さい。